沢登りphoto更新しました~♪ (8/28日)

鹿児島クライミング~挑戦のその先に~

クライミング

鹿児島でクライミングをする為に

ロッククライミングって実は結構お金がかかります💦
装備品は高い物が多いです。そう。だって・・・
命を守るアイテムだからです。規格は絶対にクリアしている製品が必要です。
(アクセサリー用のカラビナなんか使ったら死にますYO!)

必要な物

沢登りをやっている方であれば併用して使える物が多いので、装備品も出費も軽く済みます

大まかな必要な物として

①クライミングシューズ
②チョーク・チョークバッグ
③ハーネス
④ヘルメット
⑤ビレイデバイス(ATCやエイト環)
⑥スリング多数(60cm~240cm)
⑦クライミングロープ
⑧クイックドロー&カラビナ多数
⑨カム&ナッツ多数

概算で15万程度(グレードの高い物を選べば価格は跳ね上がります)

う~ん、揃えるだけで破産しそうですね(笑)少しずつ買っていきましょう♪

準備と目標

自分の目標値はどこかを考えて行動しましょう。

高度の無い外岩を登りたい(ボルダリング兼)
いざという時の為にシステムを学びたい
ルートがしっかりと踏破されている場所を登りたい
未踏ルートを行ってみたい
⑤そもそも登りたくない ←そっとページを閉じて山でも見に行きましょう♪

練習の方法

目標が決まったのなら次に行う事は練習です。

練習と言っても様々。
ボルダリングで登り方を勉強したり、
ロープワークをしっかりと勉強したり、

とにかく!やる事がいっぱいです。

 

いざ!実践

練習もばっちり!ロープワークも問題ない!ってなるとついに実践です。
外界にある岩達が呼んでいます(笑)

早く登ってくれ~~と(笑)

 

クライミングの出来る場所

 

鹿児島でロッククライミングが出来る場所は意外と少ないです。

①金峰山
②千貫岩
③鬼岩

※いずれにしても登る時は熟練者と一緒に登りましょう。

クライミングを熟知した山岳会

ここまで色々と書きましたが、クライミングをやる上で、一番手っ取り早いのは
山岳会に加入する事です。
山から沢や岩まで色々なスキル、ノウハウを持っており、熟知している方も多数います。

山岳会への入会のメリット・デメリットについて
①ズバリ、安全に対する意識が高い! 当然ながら安全に対する意識が高いです レスキュー訓練を開催したり、ビギナーへの指導、 教育に努めている会が多数ありますので 素人山行とは違う安心感があります ②事故や遭難の際の捜索③スキルアップ④仲間

 

アルパインクラブ鹿児島の恐怖体験と外岩

鴨池ウォールでの恐怖体験

会員Mの高所恐怖症克服体験シリーズ~初クライミング体験編~
正式名称:鴨池クライミングウォール(通称:鴨池ウォール)では 代表者が利用許可証と誓約書を書きます (要は事故っても死んでも自己責任だからね!ということですね^^;) 今回はクライマーTさんのお仲間の女性2名合わせて お値段なんと2時間5名使用で460円でした

金峰山ロッククライミング

2/1日(土曜日)金峰山ロッククライミング
岩場はがっちり硬くて、フリクションが効いた最高の岩質です。 日本でも有名な、小山田太氏が何度か来て、山岳紙に紹介されたことから、九州各地からも訪れるようになり、日曜日は多くのベテランクライマーやマットを持ったボルダーで混み合うようになったそうです。

クライミングの基礎

クライミングの基礎
登攀途中にある、ビスにクイックドローを掛ける時の向きやロープの掛け方 ピッチを切る場所まで登ったら、まず行う事!(セルフビレイ)やマスト結びで固定。 次に行う動作‥等 ATCガイドでのセカンドの確保など。

最後に

ロッククライミングの面白さは、山登り・沢登りの延長上にあると思っています。
無理に始めるのではなく、自分が挑戦したいと思った時に行うべきです。
ただ、構築は学んでいても損はありません。いざという時にきっと役立つ知識となる事でしょう。

ただデメリットもあります。

今まで視るだけだった『岩』登ると言う項目が追加になります(笑)

※管理人も岩を見ると『登れるのかな?あの岩』とか不意に考えるようになりました。

★★★★★この記事を書いた人★★★★★
野良猫さん

登山を始めて間もないですが、山の魅力に取りつかれた人物(HP管理人)
素人ながら、ブログ製作に必死に奮闘中。趣味活、おススメですよ('Д')
登山での出会いもおススメしてます('ω')
会長曰く、『山で出会って結婚した人は別れない』そうです。
※死別除く ※出会い系登山サークルは除く

アルパインクラブ鹿児島のSNSをフォローする
クライミング
アルパインクラブ鹿児島のSNSをフォローする
アルパインクラブ鹿児島
タイトルとURLをコピーしました