沢登りphoto更新しました~♪ (8/28日)

猿ヶ城渓谷 9/15日沢登り 訓練山行

訓練(ビバーク・救助・他)
水遊び中です(*'ω'*)

こんにちは!

本日は今年最後の沢登りとして『猿ヶ城渓谷』に行ってきました。(訓練山行として)

初の猿ヶ城渓谷沢登り

メンバーは計8名
『鹿児島の沢登り』の本によれば上級コースとの事。
軽い打ち合わせをし、念入りに準備運動をします。


コースの前半はそこまで難しい所が無いようなので、今日の工程としてはコースの半分程度の所まで行き、
その中で、色んな訓練が出来ればとおもっております。
まぁ、本の著者が一緒にいるので問題は無いでしょう(笑顔

と、とりあえず出発します。

刀剣山の遊歩道コースの真横に流れている沢ですので、山登りをされている方は良く見られている光景ですね。

水陰(みかげ)


沢がとても綺麗でいまにも飛び込みたくなる風景です。

沢に入り、本日の体感温度を調べます(笑
うん。やっぱり入渓時は寒いです!(私の事はお構いなしに平然と泳ぐSさん)

みんなでついて行きます(笑

訓練(ロープワークと泳ぎ方)

入渓直後に、水量が多く泳ぎが達者な人しか行けないコースと仮定しての訓練を行います。
要するに、流れのはやい所への移動ですね。
人によって、泳ぐ能力は個人差があります。でも長けている者がいれば引っ張ってくれるので
お互い自分の長所で助け合うのが理想ですね。(^^♪
取りあえず、私が先行してロープを付けて泳ぎ、上流で待機します。(急流の設定)

後続で待機している人(泳ぎに自信の無い者)はザックにスリングとカラビナを付けて、引っ張って貰います。

引っ張られている方は楽しそう?ですね。(^^♪

これを人数分繰り返します(みんなそこそこ重いぞ!笑)
疲れたのでKさんに交代しました(疲

そして最後に救助されている定?の方が引っ張れてて来ます(笑

さすがに重いようでKさん力いっぱい引っ張っていました(笑

ハーケンの試打ち

次に良いクラック部分があったので、ついでにハーケンを使った登攀の訓練をしました。
昨今は自然保護の観点から、ハーケンやビスを使った登攀は行わない様になってきていますね。
『カム』『ナッツ』を使ったプロテクション・登攀が主流になってきていますね。

当クラブもハーケンやボルトが必要な滝や難所は極力、フリーで登れる技術を付けるか。
または、高巻きをして進みます。(自然は大事)(^^♪

技術の一環として、今回は特別にハーケンを使った登攀の訓練をしました。
良さそうなリスがあったので、
そこにハーケンを打ち込みます。

ハンマーで叩きます!

そしてsさんから抜けないかのチェックが入ります(本気

okだったようなので
ハーケンをアブミとして使用し、登攀します(訓練

段差が無く、登れない時で尚且つ、良いリスがあればハーケンは素晴らしく力を発揮してくれますね。

とても良い訓練になったと思います。

急斜面でのトラバース

次に急斜面でのトラバースの訓練です。
これは山登りでも使う事が多々あると思います。

最初にロープを確保をしに行く人は、ちゃんとビレイを取っていきます。

準備が出来たので、いざ!訓練です。
ロープにプルージックをし、渡ります。(下が絶壁の定
怖いですよね!

後は、ヘツリの練習をしたりと、

と、色々な訓練をしてきました。

 

遊びも大事

当然、訓練も大事ですが、遊びも大事です(重要
途中にあったターザンロープで遊んだり

自然に出来た滑り台で遊んだり

などなど。いっぱい遊びましたよ(^^♪

中盤あたりには体一つしか抜けれないような洞窟のような中を進んだり、

そして出口で挟まっている人が2名程・・・・・(‘Д’)

遊び過ぎたせいか?
後続に人影が・・・・・・(‘Д’)見た事ある方が・・・・・(‘Д’)

霧島山岳会の方々

話をさせて頂くと、本日は4名程で沢登りをされているようで、鹿児島の山岳会で『霧島山岳会』の方々でした。

定例山行だったようです。 私のInstagramでもお世話になっています。(‘Д’)
また投稿楽しみにしていますね!(‘Д’) いつかご一緒に遡行したいものです。^^

破壊された橋

その後進むと、途中に遊歩道用?に作られている橋があったのですが、以前お聞きした通り、
見事に壊れていました。

台風が来た際に、大雨で壊れ川岸に寄ってしまったのでしょう。
無残です。

途中に『はじらいの滝』があり、その横をSさんが登攀します。
以前は滝の近くにロープが取り付けてあり、中央のクラックを利用して登れたようですが、
月日が経ち、地形がだいぶ変わり、そのロープと中央クラックも無くなっていたようです。

左端に途中にボルトが打ってあったらしく、変形したチムニーを越え登攀します。


Sさんは登攀しましたが、私たちは、沢登りの日が浅い者もいる為、横の遊歩道より巻きました(^^♪

昼食と絶景

ちょうど、真上の大きな岩盤『猿の踊り場』にて昼食を取ります。

皆さん、昼食後の日向ぼっこです(笑
きっと訓練で疲れた事でしょう。

振り返ると、やはり猿ヶ城渓谷は『絶景』ばかりだと改めて思います。


日頃の疲れ(ストレス)も癒されると言う物です。(^^♪

その後、時間もある程度経ち、半分ほどの来たところで、本日はここまで!と言う事で・・・・。
そのまま下流に引き返します。

キャニオニング

入渓地点に戻った所・・・・。
ちょうど、キャニオニング?をされている方々がいました。

高校生かと思ったら社会人の方だったようで・・・ごめんなさい(涙
キャニオニングも楽しそうだなぁ・・・・と思いましたが。おそらくもう・・・・刺激が足りないと思ってしまった私。
でも、ヘルメットにライフジャケットを装着して、しっかりされているんだなぁ・・・・と。
怪我をしない事が一番ですものね!

遊歩道を帰り、本日の遡行も無事、怪我も無く終わりました。

その後、温泉に入り、ゆっくりと過ごし、薩摩川内市まで帰りましたが、
時間もあったため、

フリーソロ・アレックス・オノルド

先日、Instagramにてお知り合いより教えて頂いた映画。

『フリーソロ』を会員Mさんと映画館にて見てきました


賛否両論別れる映画とお聞きしていましたが・・・・・まさに実感・・・・・・。
私的には凄く考えさせられる映画でした。
フリークライミングでの達成感。待つ者の気持ちなどetc
改めて、フリークライミングは絶対しないだろうと。心に誓いました(笑

★★★★★この記事を書いた人★★★★★
野良猫さん

登山を始めて間もないですが、山の魅力に取りつかれた人物(HP管理人)
素人ながら、ブログ製作に必死に奮闘中。趣味活、おススメですよ('Д')
登山での出会いもおススメしてます('ω')
会長曰く、『山で出会って結婚した人は別れない』そうです。
※死別除く ※出会い系登山サークルは除く

アルパインクラブ鹿児島のSNSをフォローする
訓練(ビバーク・救助・他)
アルパインクラブ鹿児島のSNSをフォローする
アルパインクラブ鹿児島
タイトルとURLをコピーしました