沢登りphoto更新しました~♪ (8/28日)

矢筈岳(出水)とお味噌汁(自家製漬物付き)

登山・Rank☆

本日は出水市にある矢筈岳へ会山行として行ってまいりました。
鹿児島市からは2時間ほどかかりますが、私の地元(川内)からは1時間以内で行ける山です。
この時期は丁度出水市にシベリアより『鶴』が舞い降りています。

山頂近くを飛んでいれば
最高の風景になる事間違いなしでしょう!と思いつつ

登って行きたいと思います。

矢筈岳~出水市

今回の予定は

①道標整備(2か所)

②山頂でお味噌汁を頂く(漬物付き)

③景色というプライスレス

こんな感じでしょうか。

 

メンバーはいつも重たい物(道標整備セット)を持って頂けるアルパイン屈指の男性陣3名+私
そして、会にいつも華やかさをもたらしてくれる
女性陣5名の
計9名での山行です。

コースは分県ガイド
『鹿児島県の山・沖縄県の山』の記載されている米ノ津コースを行く予定です。
旧分県ガイド『鹿児島県の山』では道路が多少あれている事もあったのか?
車を停めてから4キロ程歩いて米ノ津コース登山口に行くような形となっていましたが、

今回は、米ノ津コース登山口近くまで車で行けるという事で・・・・・
行ってまいりました。

川内組と鹿児島市内組に分かれて計3台での走行です。
ちょっと不安ではありましたが、私の車でも登山口へ行く事が出来ました💦
贅沢を言えば、SUV計の車が良いと思います(笑)

AM9:30に出発です♪

出だしは横にある涸れ沢に沿って登るような登山道です。
メンバーk原さんから聞いたのですが、この矢筈岳なんと!
『レスキューポイント』があるようです。

『K1~K6』まで?実際はもっとあるかもですが、山を登る者にとっては安心できる事ですよね!

 

そしてそのレスキューポイント(K3)を過ぎた辺りに道標を一つ立てます。
『登山道』と書いてある道標です。

見ているだけの私が思った事。

『もはや業者だな』と思ってしまいました(笑)
それほど皆さん難無く事を進めていく姿が自然に感じられました。

T字の分岐点

ここにTがあるね!!とかふざけた事をいいながら分岐点に到着

登山口から1時間程度。
軽く休憩をし山頂を目指します

 

しばらくは緩やかな登山道が続きますが、山頂前ではそこそこキツイ急登になっていきます。

途中に

あとひといきだがんばれの文字が。

☆さんに聞けば川野会長が書いた字だそうです。 文字通り頑張って進みます。

 

山頂まで5分の所に『人吉かめさん』の道標を発見♪
ちょっと傾いていたのを会員Iさんが何も言わず直していました。
メンバーからひそひそと声が聞こえてきます・・・・・
『Iさんもしかして・・・人吉かめさんですか??』(笑)

さっと顔を隠すIさん。

え?ほんとに??と言おうとした時にIさんが

測量士I(男性)
測量士I(男性)

なわけないじゃないですか(笑)

全く・・・紛らわしいっっ!!!(笑)と声が聞こえてきます。

 

そんなこんなで山頂に到着
めちゃくちゃ快晴だったのもあり

山頂の景色は絶景と呼べるほどきれいでした♪

ただ、ちょっと残念な事も・・・・💦
山頂に2か所ほど火を燃やしてそのまま放置している(黒こげとゴミ)箇所がありました💦
登山と言う同じ趣味を持つ方が、されているのであれば、とても悲しい事です。

お味噌汁と絶景

ちょうど、お昼どき♪です。

早速、今回予定していたお味噌汁の製作です♪

事前にCLの☆さんより『お湯を一人当たり500ml持って来てください』との指令があったので

皆さんお湯を水筒に持って来ていたご様子。

野良猫さん
野良猫さん

わぁ~。9人いるから4.5リットルのお味噌汁だぁ(笑)

とちょっとふざけ気味に観察していました野良猫さん(働けよおい)

 

手際よく作り、いざ実食!!です。

えのきとお豆腐とネギの入ったお味噌汁は、景観の良い山頂で食べると言う事も相成り

最高に美味しかったです♪(お漬物も良いアクセントになり美味でした)

多いんじゃないか??と思っていたお味噌汁は、瞬く間に完食♪
さすがと御見それしました(__)

山頂の石碑と

山頂の絶景を後にし、今度は鬼立岩を目指します。

レスキューポイントの謎

分岐のT字を過ぎ、 しばらく行くと

レスキューポイント O4』と言う箇所が見えてきました。

O4・・・・・・??と悩んでいると、メンバーから

こっちは大平コースだからじゃない?と声が。

おぉ!!そういえば米ノ津コースはK1とかでしたもんね!!

謎が解けた瞬間です(笑)

道はなだらかですが、途中に迷いそうな場所がありました。
そこに道標を1つ立てます。

やはり業者。と思いながら進みます。

展望所と鬼立岩

第一展望所に到着。
岩の上から展望が望めます♪
雲の流れも重なって、ここの景観も絶景でした♪(道標を木に設置)
ここから鬼立岩を目指し、下ります。

10分ほど下ると、立派な岩場が見えてきます。(ここが第2展望所)

上から見ても立派でしたが、さらに下に降りてみると・・

そびえたつ岩まさに、『鬼立岩』でした。

昔はロッククライミングをしていたという事もあり、

所々に錆びたリングボルトを発見♪

 

野良猫さん
野良猫さん

ちょっと信用は出来ないなぁ。。。。

と思いながら見ていると、上から下ってきたナベさんが、岩をみて一言。

なべさん
なべさん

『呼ばれるんですよね~。』

岩に呼ばれるそうです。めちゃめちゃ登りたそうにしていました。
見た目は岩肌もしっかりしていて登れそうではありますが、
最近では登っている方が居ないのか、岩全体に黒い苔がびっしりと生えています。

のぼるなら、メンテナンスが必要になるのかなぁ~。初心者ながらに思いました。
岩を眺めている事5分。 近くに足長蜂がうろうろしてるのを発見。
近くに巣があったら怖いなぁと思いつつ鬼立岩第2展望所へ引き返します。

上で待っていたメンバーの所へ行くと、まさかまさかの

スズメバチに遭遇です!!💦

メンバーから悲鳴が聞こえます。

野良猫さんがやっつけようとしましたが、さらっと回避され(役に立たない)

ここは危険と判断し、第1展望所へ逃げます。
第1展望所に到着し、残りのメンバーを待っていると・・・・

まさかまさかの『スズメバチ』襲来です!!!

さっきのやつなのかわかりませんが・・・
メンバーは絶叫です!

K原さんのお尻付近に止まりそうになったので、持っていた『第2展望所の道標』
はえたたきのように、スズメバチめがけて振り下ろしました。

今度はちゃんとHITし、退治する事が出来ました💦

まだいるかもしれない。という事で、颯爽にこの場を後に下山します。

最近、クライミングをしていない理由は蜂のせいもあるのかもしれませんね💦
クライミング中に襲われてしまえば、大惨事ですね💦
残念ではありますが、急いで下山する事となりました。

下山

下山途中、14時半ほどでしたが、まだ日は落ちていないのに、辺りが暗くなってみえました。
冬の山は日が落ちるのも早いせいか、ちょっとドキドキします(-_-;)
15時に無事登山口に到着。日の明るさを取りもどし、一安心♪
時間にして1時間ほどで下山。

色々な経験ができた矢筈岳。とても楽しい山行となりました。

 

下山後、メンバー達が寄っていた『無人販売所』

アルパインクラブ鹿児島メンバーの地域貢献度は群を抜いているはずですよ!!!

出水市さん!!(笑)

 

 

 

 

 

★★★★★この記事を書いた人★★★★★
野良猫さん

登山を始めて間もないですが、山の魅力に取りつかれた人物(HP管理人)
素人ながら、ブログ製作に必死に奮闘中。趣味活、おススメですよ('Д')
登山での出会いもおススメしてます('ω')
会長曰く、『山で出会って結婚した人は別れない』そうです。
※死別除く ※出会い系登山サークルは除く

アルパインクラブ鹿児島のSNSをフォローする
登山・Rank☆
アルパインクラブ鹿児島のSNSをフォローする
アルパインクラブ鹿児島
タイトルとURLをコピーしました