登山photo更新しました~♪ (2/4日)

11/9日『開聞岳』山行報告

登山・Rank☆☆

日本百名山の名峰『開聞岳』

11/9日に急遽、開聞岳に行ってきました。

 

メンバーは会員4名
初参加者1名の
計5名です。

計画は、AM9:00より登頂予定~15:00には下山予定です。
登山時間(休憩込み)は計6時間となります。

 

本日は雲も無く、晴天でしたが、ちょっとガスっていた為、写真が若干白く・・・・
ご了承下さい(涙)

当然の如く、かいもん山麓ふれあい公園よりスタートです。

時間は9:05分に出発です。

下の公園では、大勢の方がなにやらスポーツをしていました。

 

グランドゴルフのようですね。
ご高齢の球技とおもっていたのですが、
若い(20代)方もチラホラいる様子・・・・。
年齢層の幅が広い趣味はとても良いですね!

話だけでも色んな経験が出来ます。

 

登山も同じ事が言えます(*’ω’*)

 

登山口2合目

さて、公園を抜けて、登山口の2合目に向かいます。

その手前に赤い実がいっぱい生っていました。

これって何だろう・・・・。
最初、『ウメモドキ』ではないかな?

と、話をしてたのですが、
家に帰って調べてみると・・・・。
『ピラカンサ』と言うバラ科の植物のようです。

 

 

 

ピラカンサは生け垣や鉢植えとして栽培される常緑低木で、数種類をまとめてピラカンサと呼んでいます。日本には明治時代に導入されましたが、果実が美しく、特別な管理をしなくてもよく育つため、広く普及しています。
春に開花する花は白色で観賞価値が高く、秋には美しい果実がたわわに実り、葉は濃緑色で光沢があるので、年間を通して観賞することができます。
単木として育てると樹高は4mほどになります。
ネットって便利ですね。笑
と、とりあえず、2.5合目まで目指します。
最初の難関ですね。
準備運動として、2.5合目まで行き、
たっぷり休憩を取り、
景観の良い5合目を目指します。

 

25分程で2.5合目に着きました。

 

誰かが定期的に掃除をしてくれているんでしょうね。

ベンチがとても綺麗です。

(看板は見にくいですが。涙)

 

 

ここから35分程進みます。

 

5合目の景観

 

本日は晴天にめぐまれたのですが、

あいにくの霧(ガス)がかかっており、

白くなっています。

残念ではありますが、これも登山。

 

しばし休憩し、山頂に向けて歩き出します。

途中には、綺麗な花もありましたので、登られる方は足元もたまには見てあげて下さいね。^^

 

 

 

 

 

色々、談笑しながら歩いていると・・・・・。

あっという間に6合目です。

 

ここまで駐車場より1時間40分かかっています。

写真を撮りながら、ゆっくりと登っているので

このペースで問題ないでしょう。

 

 

新たな写真スポット?

当山岳会、会長より聞いた話ですが、

去年か一昨年の台風の影響で、岩場のコケが剥げて、歴史的記念碑?が発見されたようです。

新聞にも出ていたようですよ^^

6合目を過ぎて、山側の登山道にあります。

今回の山行もこの石碑を見るのも予定に入っていたようです。(しらなかった私)

名前は『登山道開整記念』

是非、探してみて下さい。

さて、残り半分!険しい登山道を進みます。

 

ガスってはいるものの、天気は快晴ですので

日差しが森林から良く入り、風景に癒されます。

やはり、天気の良い日は登山です。笑

 

 

仙人洞

開聞岳に登ると必ず、通る場所。

『仙人洞』

開聞岳が噴火したときに溶岩がせりあがって

できたもので、

山伏たちの修行の場として使われていたのは有名な話です。

看板の下に新しい札?が置かれていました。

 

 

 

しばらく進むと、開聞岳唯一の梯子場所があります。

その先に、とても景観の良い場所があります。

岩が突き出ていて、そこに乗ると、『矢筈岳』や『金峰山』がよく見えます。

その画像がこちら。

絶景と絶叫が混ざっている場所です。写真を撮る際は、落ちないように気を付けて下さいね。

 

ようやく山頂

 

登山開始から3時間程度・・・・。

ようやく山頂につきました。

若干、ガスってはいたものの、山の山頂の景色は絶景です。

達成感と爽快感が一気にこみ上げてきますよね。(*’ω’*)

この日は登山者もそこそこ多く、山頂には20名程いたようです。

休憩中にいっぱい上がってきたので、最終的にはもっといたかもしれません。

昼食をゆっくりとすまし、

山頂近くにある、神社でお参りをします。

 

会員MHさん。

一体なにをお願いしているのでしょうか?

気になりますが、敢えて放置で。。。。

叶った時に聞きましょう。笑

 

 

 

 

開聞岳をたっぷり堪能したあとは。

そう。

下山です。

急いで下山します!

下山報告

ゴールのふれあい山麓公園についたのは

14:55分でした。

疲れて倒れこむ私。

 

そして、もう一人・・・・。

 

時間は6時間ちょうどでした。(*’ω’*)

その後、帰路の途中で『枚聞神社』によって帰るという事に。

 

令和になってからは初めて訪れたかもしれません。

ここでも、お約束のお参りとみくじを引きます。

結果は・・・・・・。

まぁ、良しとましょう(オイ

 

その後、会長がみんなにアイスを奢ってくれるという事になり、

池田湖まで行き、『サツマイモソフトクリーム』を頂きました♡

美味でしたよ(*’ω’*)

 

ついでに、大ウナギも見せてもらいました。

聞いた所、もうこの1匹しかいないんだとか・・・・・?

絶滅の危機?にあるようです。

生き物なので、いずれ死んでしまいますが、大事に育ってほしいですね。

 

まとめ

開聞岳を登って再度認識した事ですが、
『登りやすい山』だなと、改めて思います。

クロックス(ゴムスリッパ)で登っている人もいましたし、
トレランしている人も。
ザックすら持っていない人も居ました。笑

遭難しにくい&、人も多く、単独女性は身の危険や心配もない山です。

鹿児島に来た際は、一度は登ってほしい山ですね(*’ω’*)

 

 

 

 

★★★★★この記事を書いた人★★★★★
野良猫さん

登山を始めて間もないですが、山の魅力に取りつかれた人物(HP管理人)
素人ながら、ブログ製作に必死に奮闘中。趣味活、おススメですよ('Д')
登山での出会いもおススメしてます('ω')
会長曰く、『山で出会って結婚した人は別れない』そうです。
※死別除く ※出会い系登山サークルは除く

アルパインクラブ鹿児島のSNSをフォローする
登山・Rank☆☆
アルパインクラブ鹿児島のSNSをフォローする
アルパインクラブ鹿児島
タイトルとURLをコピーしました