沢登りphoto更新しました~♪ (5/24日)

韓国岳へ登山復帰第1戦★

登山・Rank☆☆

復帰登山第1戦目★大浪の池経由~韓国岳

アルパインクラブ鹿児島、会員Mです

最近は絶好の登山日和が続いていますね!

会員Mと野良猫くんも
そろそろ長い冬眠から目を覚まさないと身体なまってヤバイねぇ・・・と
話しておりました

そこで、公募登山2回目で実施する

韓国岳(大浪池経由)を野良猫くんと下見に行くことにしました

しかし、ですね
会員Mったら、前日にお酒飲みすぎました(汗)

久々の美味しい&楽しい時間だったものですから
調子に乗りまして、飲み過ぎたのかな???
(会員Mはお酒かなり強いんですけどね^^;おかしいな?)

その結果がコレです↓
大浪の池 登山口

ゴール地点じゃないですよ? スタート地点です^^;

はい、完全なる二日酔です(汗

あげくに駐車場で野良猫くんに
『行きたくな~いっ』と駄々こねはじめる会員M

朝のグダグダからスタートがかなり遅れ
遅い時間からのスタートとなりました

韓国岳 コース内容

スタート:11:45~
メンバー:野良猫くん・会員M
備考:約3ヶ月振りの復帰戦

今回は、大浪池登山口から火口湖の大浪池東周りに通って韓国岳頂上をめざします
※実はこのコースは1番キツイコースなんですよね(汗

★韓国岳(からくにだけ)とは★
「遠く韓国を望めるくらいに高い山」韓国岳(からくにだけ)の
名前の由来です
韓国岳は九州南部に連なる霧島山の最高峰であり、
霧島では1番標高の高い山で、その標高は1,700mです
登山をはじめるなら一度は登っていたほうが良い山だと思います

ただ、現在は新燃岳の噴火の為、数ある色んなコースの殆どが
規制されていて登れなくなっていますので
登る前にはHP情報などを必ず事前確認をして下さいね

とりあえず、普段の三倍くらい遅いペースでしか登れない会員Mを

無情にも写真に納める野良猫くんです(鬼ですよ)
大浪の池
酒が中々、抜けません(涙)
会員Mは死んでます(笑)
菜の花マラソンより辛い・・・

大浪の池の東周りを三分の1くらい行ったところでしょうか・・・
ココまで約2時間かかってます(遅すぎます^^;)

誰も助けてくれないんで自力で頑張ります(泣)
大浪の池
大浪の池

大浪の池には写真ポイントがありまして、今回はこんな写真も撮れました
なんか、ちゃんと登れている感出てるけど、下を見ると絶叫するレベルですので

高所恐怖症の方にはおススメしません。
大浪の池

暫く進み、山頂まであと少しの所で携帯をいじり出す会員M
韓国岳

会員M、全くやる気が感じられません

休憩も何回とるんだってくらい取ります、迷惑かけまくります(笑

でもね、会員Mだって、ちゃんと会のことを考えて
新人さんになりきったつもりで登ったんですよ?

全然、山を知らないメンバーと登るのが公募登山ですからね!

体力が無い人や
やる気のない人の気持ちを盛り上げる役目、つまりサポート役を
今回は野良猫くんに与えたにすぎません(笑)

これで公募登山にどんな人が来ても大丈夫だと思います!
皆さん安心して申し込みして下さいね☆

今回は全力で迷惑かけまくったので(笑)

去年、8/13に同じコースで登ったとき
有名な階段が見るも無惨に壊れて
景観が台無しだったのですが、今回は大分修復されていました

大浪の池

ぐだぐだしつつもなんとか韓国岳の頂上に到着!
韓国岳
韓国岳

やはり1月!!!
めちゃくちゃ寒い!!!!!
今回は天候に恵まれたとはいえ、-℃気温でしたね

野良猫くんをせかし、急いで下山します

登山の時、頂上でお弁当とか食べたり長居するじゃないですか
実は頂上って1番危険な場所なんですよ
(超有名な登山家は頂上に到達したら、一刻も早く下山するのが生き残る秘訣だと言ってました)

なぜなら、地上よりも最も気温が低く
寒いとこに留まると体力低下は否めません
普通のスポーツと違って登山は頂上がゴールではありません
折り返し地点に過ぎないのです

下山は問題なかった会員Mですが
野良猫くん、膝にキテました・・・
古傷の悪化なのか体重の増加が原因なのか・・・^^;

へっぽこ二人でダイエット&全盛期の頃の状態になんとか戻さないといけないと
誓った登山なのでした(泣)

今回のタイム

5時間25分でした

(休憩時間含める)

ちなみに会員Mが一人で行ったときは3時間20分でした

野良猫くんと一緒に登ったせいだと思いたい・・・

 

鹿児島には初心者でも登れる山が色々ありますので下記ブログもご覧になってください。

登山を行う際の注意事項も書いています。

鹿児島登山を安心に・最初にする6つの事!
鹿児島登山をする上で、安心・安全に登る為に絶対にしないといけない事があります。 ①鹿児島の山の登山時期②登山届③その山へ行く通行情報④ルートを調べる方法⑤山岳会⑥実際に必要な装備 など最後に山登りの技術が確かめられる 魅力的な山々を紹介
鹿児島山登りを楽しむ為に
鹿児島の山登りや登山で感じる木々の神秘的な風景や 時折感じる『解放感』。登山の楽しみは『旅』と『冒険』の両方を併せたような物。 山頂に着いた時『絶景』のご褒美が 初心者はどのコースで歩くと良いか 鹿児島登山に必要な事をまとめてみました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました