沢登りphoto更新しました~♪ (5/24日)

連続登山体験記~稲尾岳~③

登山・Rank☆☆

連続登山 3日目。

最終日にして最大の難関!?
稲尾岳に登ります。
ルートは、稲尾岳登山道西口、西口コースから稲尾岳を目指し滝巡りコースより下山します。

8:00登山開始。
はじめは、緩やかな沢沿いの道を登ったり、渡ったりしながら進みます。

ビューポイントの天然石展望台に到着!

でも、残念ながらガスってて展望ナシ😭
晴れていたら、視界いっぱいに広がる照葉樹林や太平洋が見えるとか。

八山岳も荒西山もそうだったけれど、稲尾岳もスマホの電波が届かない。
でも、稲尾岳は緊急時の為に、携帯電話の通話可能エリアの案内板が2ヶ所ありました。いざというときに繋がる場所が分かっていると安心!

展望の無い山の良さ

9時30分、枯木岳登頂。
でも木々に囲まれ展望ナシ。

三差路から稲尾岳を目指します。
西口コース、三差路から稲尾岳まで、北口コース、滝巡りコースとそれぞれポイントごとに番号が打ってあり、「何番まであるかな?」「あれ!?◯◯番あった?」なんて話をしながら登って行くのもちょっとした楽しみでした。

稲尾岳山頂へ向かう途中、大きなサルノコシカケを発見!これは腰かけずにはいられません! 笑

3人とも腰かけて記念撮影✌

そんなこんなで稲尾岳山頂に到着!

山頂には小さな鳥居があり、これが稲尾神社。

この神社は、どうやら縁結びのご利益があるとか💗
(会員Mさんと野良猫くん情報!)
これはもぅ、しっかり祈願しなくては!! 笑

縁結びのお祈りを済ませた後は、ちょっと早めの昼食に!

再び三差路を目指し、北口コースを進み、林道へ。
林道を10分程歩いた後、滝巡りコース入口に到着。

心身の鍛練コース

ここからが悪夢の始まりでした 笑
会員Mさんが

稲尾岳フル、最終日で大丈夫?しんどいよ?」

と話していたことを身をもって実感することに…。

“尾根登りの坂”に始まり、“八丁坂”、途中にもたくさんの急登が!

地図を見ながら、『急登、ここまでかな…』と思って進むとまた急登!何度心が挫けそうになったことか!

“照葉樹の滝”“白肌の滝”“一条の滝”など見所はあったけれど、もぅそんなの堪能してられない!とにかく進む!登る!それしか頭にない会員R。

まるで何かの修行を受けているみたいな心境。
もう一度同じコースで登らない?って誘われたら、ちょっと考えちゃいます 笑

ゆっくり登山を楽しみたい方は西口コースから稲尾岳の往復がオススメ!
心身の鍛練をお望みの方は、今回のコースをオススメします!!

今回初めて2泊3日のテント泊(テント場にて)での連続登山への挑戦。
無事終えることはできましたが、下山後の帰宅中に疲労がピークに!
帰宅後、即寝。翌日昼まで起きられず、日曜日も終日寝て過ごした会員R😪

もっと体力をつけること、装備をしっかり整えること、そして、日頃からもっと体調管理をしていくこと。
多くの学びを得た初めての連続登山となりました。

★★★★★この記事を書いた人★★★★★
会員R

R2年9月に入会。山登りをメインに活動中です♪
常にザックに12~13キロの荷物を背負い、男性陣顔負けの体力を保持。
アルパインクラブ鹿児島『屈指』の有望株です♪
独り言はデフォですので『気にされないで下さい』(笑)

登山・Rank☆☆
アルパインクラブ鹿児島
タイトルとURLをコピーしました