クライミングor山登りphoto更新しました♪

大箆柄岳〜小箆柄岳〜スマン峠

登山・Rank☆☆

こんにちは。会員KKです。
会員4名で 高隈山に行ってきました。

大箆柄岳〜小箆柄岳〜スマン峠
〜林道に降りる周回コースです。

天気は雨☔
しかし、今回の登山目的は 「経験」です。

(いつもは、晴れた日の山行が多いのですが、突然の雨に備えて、こういう経験も必要ですよね。)

垂桜登山口に到着しました。
早速、雨具を装着します。

会員KK、しばらくソロで活動していた為、誰かと登るのは久しぶりです。
しかも雨。緊張します(--;)

しかし、変わらない会員の雰囲気と、
「お帰りなさい!」
という言葉に励まされ、ヤル気MAXに(単純…笑)
張り切って入山します。

登山道は、雨水が川のように流れている所もあり、足場を選びながら慎重に登っていきます。

先頭は経験豊富な☆さん。
知識も豊富で、歩く植物図鑑です。
雨の中でも、色々な植物を見ながら話をしてくれました。

ツクシコウモリソウの花は、甘い匂いがするのよ。とか。

鳴子ゆりって葉の下に花を咲かせているのよ。ほら!って。

葉を持ち上げてみると、ぉぉお!白くてカワイイ花がたくさん咲いてる!
一同絶賛である。

雨の日なので、他に登山者もいないし。
そして気づいた。虫もいないぞ!
意外と快適である。
足下には、朱色のサワガニが歩いていて、なんともほっこりする風景。(*´ω`*)

大箆柄岳山頂までは、急坂の連続です。稜線に出ると、杖捨祠がありました。

ここからは楽な登りなので、杖を捨てていった場所〜という言い伝えがあるそうです。

大箆柄岳山頂に到着すると
想定通り、真っ白です(^_^;)

「何も見えーん」
皆で笑いながら連呼します。

雨の止む気配も無く、しかも風も強い。
山頂気温は15度。

レインウエアの中は薄着なので、体が 急激に冷えていきます。

早々に昼食を済ませて出発。

スズタケが茂る登山道を進みます。
この辺りのスズタケは、少し前に花が咲いていたようです。

山行計画では、小箆柄岳に登る予定はありませんでしたが、せっかくなので登りましょう!という事になりました。
皆さん、急登をひょいひょいと登っていきます。
さすが健脚揃い…(^^;
今回も歩荷をしているタフマンなべさんは、重いザックをデポすることなく、さらりと登っていきます。凄いわ…

小箆柄岳は、山頂に小さな祠があり、晴れていれば御岳や妻岳を望む事ができます。

雨も小降りになってきました。
スマン峠へ向かいます。

なだらかな尾根を歩いていると、
辺り一面 緑 緑 緑。

見事に群生しています。

ミカエリソウというらしい。
見返すくらいキレイな花なのか?

花が咲くのは9月。見てみたいなぁ。

スマン峠到着です。
ここから林道に降りて行きます。

雨に濡れた キレイなコケや、色んなキノコを眺めながら降りていきます。

雨の日の登山は、とにかく滑ります。
今まで上手に歩いていた 天然元気少女みやちゃんも、最後の最後でドスン ^_^;

結局 全員滑っちゃいましたね。

 

林道に着くと、空は明るく、雨もすっかり止んでいて、なんだか不思議な開放感です。

垂桜登山口までの林道は、現在工事中の為、10月頃まで通行止めの予定との事。

キレイな沢をいくつも眺めながら、
無事、垂桜登山口へ戻ってきました。

色々と良い経験が出来ました。
ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました