登山photo更新しました~♪ (2/4日)

大幡前山膳棚登山~Yの場合~

登山・Rank☆☆

 

なべさんからの誘いを受け、初めて「膳棚」という言葉を聞きました。職場に山に詳しい方がいて、聞いてみたら…『落ちてきそうでハラハラするみたいですよ!』と…。『何が落ちてくるんだろう…』と不安を抱きながら、今回参加しました。
アルパインクラブに入会してあと少しで1年。まだまだ経験の浅い自分が今回の山行で足を引っ張らないか、登り切れるのか。自分にとって今回の山行は1つの挑戦でした。

気温は寒くもなく、暑くもなく、歩きやすい気候でした。大幡山登山口までの道は地層が丸出しになっています。

そこに霜が…霜が溶けて土がえぐれているようです。寒くないのに霜があることが不思議です。

大幡山登山口まで到着。ここからは登らず、林道を進みます。
GPSで位置を確認。まだまだ私には難しい作業です。

位置を確認し、進んでいくと大きなもみの木がたくさん出てきました!まっすぐに伸びる幹は堂々として、パワーをもらえます!人の手が入っている綺麗な森が広がっています。

もみの森を抜けると、沢沿いをひたすら登ります!所々、凍っています。
進めば進むほど、道は険しくなり、掴むものが何もない所も…写真を撮る余裕はありませんでした。

途中からはアイゼンを着け、凍った沢を登ります。滑って落ちたら、どこまででも落ちていきそうな谷になっています。側面は崩れやすい崖で、時折、枯れ木や石が落ちてきます。
なべさんから『びびったら、言ってくださいね。』と言われ、ものすごい緊張感が高まります…

しかし、この緊張感より自分が感じていたのは…空腹感!12時はすでにまわっており、
『ご飯にしませんか?』と言える雰囲気ではありません!
空腹を我慢し、足元の石が動かないか確認しながら進みます。たまに石がごろっと動き、後方に被害がないか確認しつつ、必死で登ります。

ようやく、膳棚が見えてきました!少し、ゆっくりできるようなスペースも発見。言うならここだな!と思い、『チョコレートタイムにしませんか?』と聞いてみると
『ご飯にしましょう』とようやくご飯に。

膳棚の近くに写真を撮りに行くと何かが落ちています。

これが上から降ってくる…こわい!このことか!『はらはら』するって!写真を撮っている間にもごろごろと氷柱が崩れていきます。
早々にその場を移動しました。

こんな感じで膳棚の近くは凍っていました。

頂上を目指し、再び登ります。下を見ると視界を遮るものが何もなく、絶景です!

やっと足場の安定した場所へ到着!そして絶景!!
どこをみても絶景です!

高千穂峰がとても美しいです。

膳棚も見えます。

とても綺麗な稜線。『来て良かった!』と思う瞬間です!

ここからは尾根を歩いて下山。登りは地獄から這い上がるかのような道でしたが、下りは空をお散歩するような道で安心して歩くことができました。

ただ、駐車場が17時に閉まるため、先を急ぎます。
ここでご飯を食べたら、最高だな!という場所が何か所かありましたが、ひたすら歩きます。


大幡池も遠めに進みます。

時間にどうにか下山することができました!

今回は全員が初めての山であり、私自身は、初めてのアイゼンを装着した沢登りでした。自分が滑落したり、怪我をしたりして迷惑を掛けるのではないかと思っていましたが、無事終えることができました。
これも他の3人の方のフォローのおかげです。
私も何年後かには、フォローをする側に回れるのか…日々先輩方から学び、自分でもできるように心がける必要があるなと感じた山行でした。

★★★★★この記事を書いた人★★★★★
会員Y

R2年4月に入会
自然が大好きで、焚火を任せればプロフェッショナルらしいですよ!
しかも!鳥の鳴き声で名前の判別が出来る鳥博士です!( ゚Д゚)
山登りの際は是非披露してほしいですね(^^♪

登山・Rank☆☆
アルパインクラブ鹿児島
タイトルとURLをコピーしました