クライミングor山登りphoto更新しました♪

あの山を整備したい♪~矢筈岳(やはずだけ)編~

登山・Rank☆☆

こんにちは。
コロナ渦のせいか、最近の投稿率は高めの会員Bです^^

今回は当会員7名で指宿市と南九州市をまたぐ

矢筈岳(やはずだけ)へ※1)行ってまいりました!

※1 因みに矢筈岳という同じ名前の山は鹿児島県内だけでも3つあります(汗)
 間違えないようにご注意下さいませ♪

☆今回登る矢筈岳(やはずだけ)のプチ紹介☆
矢筈岳は400メートルに満たない低山。
しかし、バリエーションにとんだ登山コースが多々あります。
縦走路には岩峰の展望台が各所にあり、秀峰・開聞岳を間近に見ながら登れます。
また好天日には東シナ海に浮かぶ諸島を見通せる絶景豊かな岩峰です。
山腹からそそりたつ巨岩・西郷ドン岩のてっぺんに登れるなど楽しめるポイントも多く人気の山です♪
(川野秀也著:鹿児島県の山より抜粋)

しかし!
登山もしたいけれど今回の真の目的は

道標を新しいものに交換すること(12ヶ所!)』です

古くなった道標12か所を立て替える

ついでに下山コースの再調査も行う予定です

会員に雨男?雨女?が居るのでしょうか・・・
なんということでしょう!

前日までは晴れ予報だったはずのお天気が
現地へ向かう途中からぼつぼつと雨が降り始めてしまいました(汗)

 

しかし、この程度の雨に負ける当メンバーではありません

気を取り直し登山口近くの道路脇に車を停め
当会会長が作成した道標※2と作業道具をみんなで分担して担ぎ

午前9時20分、矢筈岳縦走登山口から整備登山へ出発です♪

※2 道標(どうひょう・みちしるべ)とは?
分岐点や迷いやすい場所で登山者が道に迷わないように方向や距離、
所要時間を書いた標識のことです
※岩のペンキマーク、ケルン、赤布、テープ、ペンキで書いた印も含まれますよ

その道標を手作りしてしまう当会会長はいつも凄いなぁと思います♪

古くなった道標は新しいものに交換

まだ使えそうなものは補強

根元がグラグラするところは添え木を差し込みしっかりと打ち込みます

結構な重労働です💦

途中、藪っていたりするので
会員はみんな鎌・鉈・鋸を持ち
歩行の邪魔になりそうな山道の木や枝などを伐採しつつ、
整備しながら登ります

私は前回の反省点をふまえ
マイノコギリを購入持参し挑みましたよ♪

スピーディー!には程遠かったですが

キノコに夢中になってたからかな?( ´∀` )

少しばかりは貢献出来たのではと思っております^^

お昼少し前には第3展望台へ到着し、ここで昼食休憩を取りました

どんよりとした空でしたが
それでも充分開放感ある景色を眺めながらの食事は


日頃の疲れが癒されるような
リラックスしたランチタイムとなりました♡

30分程休憩したのち出発し、


矢筈岳山頂には14時頃到着しました

頂上の道標も新しいものに交換です

 

下山する頃には雨足が少し強めになり、急ぎ足で下山しました

足元がドロドロになりながらも、16時前には無事下山となりましたよ

今回の登山はあいにくのお天気ではありましたが

矢筈岳の登山道には、いくつかの展望ポイントがあり
晴れた日には開聞岳や海岸線、池田湖など綺麗な景色を眺める事が出来るとても素敵な山です

この日の山中は強風が吹き荒れ、雨で濡れた岩場などは特に用心しながらの歩行でした💦

お天気の良い日なら
西郷ドン岩のてっぺんに立てたり、刀剣岩や開聞岩などおもしろポイント満載の山です
標高は低いですが満足度の高い山です♪

今回はあいにくの天気ではありましたが、
普段とは違うことを経験出来て、充実した楽しい山行になりました♪

また次回、違う季節に再訪しよう!と思っています^^

★★★★★この記事を書いた人★★★★★
Bさん

R元年5月に入会(みやちゃんと一緒に)
大隅方面の山をメインに登っています。
長身な体で沢登りや山登りはスイスイと登る事も多々・・・。
新規会員の心を和らげてくれるムードメーカー的存在です♪

登山・Rank☆☆
アルパインクラブ鹿児島
タイトルとURLをコピーしました