沢登りphoto更新しました~♪ (8/28日)

リベンジ野間岳!

登山・Rank☆☆

こんばんわ^^
アルパインクラブ鹿児島、会員Mです♪

以前、書いたこの忌まわしき登山記録を
覚えているでしょうか?

登山の初め方野間岳事件
1人で登ることにも慣れてきた頃、事件が起きました そう!『野間岳事件』です 5月の台風が過ぎ去った直後くらいだったでしょうか・・・ 携帯とガイド本を片手に何だか面白そうな山だなと1人で入山しましたしかし、中は台風で荒れ果てており、無残な有様

この事件をきっかけに
会員Mが当山岳会に入会した
記念すべき山行であると共に
(前回は厳密には途中敗退

二度とひとりで山登りに行かなくなった
きっかけの山でもあります^^;

しかーーーし!
今年の会員Mは一味違う

野良猫君と約2年ぶりに
リベンジ野間岳』に
行ってまいりました!
(まだ一人では行けない ^^;)

今回のルートは前回敗退した登山口と同じ
『宮ノ山登山口コース』を選択しました

あの忌まわしき駐車場は、何という事でしょう!

滅茶苦茶、
綺麗に整備されている
ではないですか!

あの鬱蒼(うっそう)とした雰囲気は
どこへ行ったのでしょう・・・

こ、これは!!!
会員MとM尾会員を油断させる
野間岳信仰家たち(※注1)
罠かも知れません

注1:野間岳は地元住人の方々が年に1回
登山整備のボランティアをしている地元に愛された山です^^

まずは気を取り直して、入山します

おかしい。。。。

とても綺麗に草花が整備されています
あのジャングル野間岳の形相は
どこへやらです

歴史的建造物も以前来たときは草で
全く見えなかったのに
・・・

なにか
見えざる力を感じる恐ろしい山です(注1)

しかし、油断は禁物です
会員Mが迷ったところは
こんな入口付近ではありません

会員M
『こ・ここだー!!!』

野良猫君『めっちゃ、入口付近じゃない・・・』

山行開始から約35分くらいのところでした^^;

しかし、今回は全く迷いませんでした

なぜなら、ピンクテープが至る所に張り付けられ
迷いそうな場所にはピンクテープを
ロープの様には張り巡らせる念の入れよう

流石の会員Mも
この状態では迷いようがありません

足元も完全に見えていましたしね
(前回は足元がジャングル過ぎて全く見えず腰くらいまで草木ボーボーな状態)

さて、ここからが野間岳登山の本番です

野間岳神社に出ました

ここで、登山の安全もとい
野良猫君との今後を

祈ってから、山頂へ向かいます

野間岳の神様は優しいので
邪念ばかりの会員Mの祈り
きっと聞き届けてくれるでしょう♪

因みに野間岳神社から登るコースもあり
ここからだと3.1キロで山頂にたどり着けます
(時間にして35分程)
初心者の方はここから登山をしても
十分楽しめると思います^^

因みに全行程のぼり坂です!(泣)

野良猫君との日々の生活で身体に増えた重りが
歩荷訓練(注2)の様でキツイ・・・
(もはや、毎日が歩荷訓練です)

注2:歩荷(ぼっか)あるいはボッカとは、荷物を背負って山越えをすること

泣き言を野良猫君に言い続けながら登ります

しかし途中の広場にはこんな綺麗な花が♪

野良猫君『すごい!バラだ
こんなところにバラが咲いてるよ♪』

会員M『(野良猫君、可愛いなぁ♪)

うん、たぶんそれ椿の一種。
バラじゃないよ^^』


かの有名な人吉亀さん!

よく由来は分からないけど
亀さんの作った標識が鹿児島県の名もなき山から
名もある山まで至るところにあります

皆さんも今度山で探してみてください

やっと頂上です!!!!

これがかの有名な360°ビューが眺められる
野間岳山頂!!!と思いきや・・・

ん?
一等三角点がありません

・・・ってことはここは
山頂ではありません

なんと、本当の山頂はここでした^^;

なぜそうなのかは
このブログでは説明しきれないので
各々各自、調べてみてください(笑)

さて、ここからは下山です
今回はどこのルートから帰ろうかな?と
二人で相談していたら

川野会長より片浦登山コースの途中にある
笠沙石門を写真に収めてほしいと
お願いされましたので

自ずと今回の登山コースは
一番長い全行程を周るコースに決定しました(泣)

さぁこれが笠沙石門だ!

おぉ!
野良猫君、力持ち♪

ここで更に草地の展望所の写真を所望されたので

カメラマン野良猫になって
会員Mを撮りまくる野良猫君でした

因みに会員Mは写真で野間岳を見たとき
ここが山頂だと勘違いをしていました(苦笑)

それくらい、素敵な場所です
(ホーホケキョって煩いくらい鳥が鳴いていましたよ♪)

そのあと、太郎木場コースから下山しましたが
残念なことに太郎木場コースは野間岳信仰家たち(※注1)の力が及んでおらず

かなり道が荒れていました( ;∀;)

途中で木が何本も倒れていたり・・・

以前、整備されていたであろう登山道は
荒れ果てていました

初心者は迷う可能性があるので
この道はあまりオススメできませんね(-_-)

因みにピンクテープもほとんど有りませんでした

ただ、自然はたくさんありました
山桜が綺麗ですね

ちょっとしたデート気分で私たちは

今までの経験を生かして
道なき道を突き進み

『姥停留所』にたどり着きました!

????あれ???
本当は太郎木場登山口に
たどり着かないと行けなかったのに

ここドコ?💦状態

地図で確認すると
大分下の方に出てきた様でした^^;

距離も離れていたので
とりあえず、このまま宮ノ山登山口を目指します

下ると
斎藤茂吉の歌碑がある展望所にたどり着きます

海風が心地よい景観の良い場所です
デートにはぴったりの場所ですね♪

しかし、時間も遅くなってきたので
急ぎ足で宮ノ口登山口に戻ります

今回の山行は
距離16.7キロ
山行時間は約5時間30分でした(休憩時間含む)

急いで車に乗り
車で太郎木場登山口に戻ります

この写真を撮るために(笑)

これで川野ミッションコンプリートです(^^)/

もう野間岳なんか怖くないぞ♪

次はM尾さんのリベンジですね(笑)

★★★★★この記事を書いた人★★★★★
会員Mさん

日々の仕事や婚活に疲れ、日頃のストレスを癒すべく、一人で山に登っていた山ガール。しかし一人で山に登ることに限界を感じ、山の技術を学ぶべく当山岳会に入会。そして気づいたら結婚してました♡
山婚活万歳!!!

登山・Rank☆☆
アルパインクラブ鹿児島
タイトルとURLをコピーしました