会員に興味ある方は『入会と会費は?』を読んで下さい)(⋈◍>◡<◍)✧

雪山登山入門~伯耆大山への道~

会員M

ご無沙汰してます。会員Mです^^
私生活が忙しすぎて、ブログ更新を怠っておりました(汗)
今回のブログのテーマは初雪山登山への挑戦です。
会員Mの雪山への想いを
このブログで感じ取ってもらえれば幸いに思います。

目次

雪山への誘い

2022年1月とある日、会員ナベさんが言いました

ナベさん

野良猫さん、会員Mさん!!!
今年こそは一緒に
大山(鳥取県)の雪山に行きましょう!

雪山大好き♡ナベさんが無邪気に誘ってきましたよ(;^_^A

なべさん

実は会員M、入会当初から雪山に対してマイナスイメージしかなく

雪山に対しての気持ちはほぼゼロに近い状態

あらゆる人からの雪山へのお誘いも

入会してからの5年間一貫して断り続けている

それが雪山なのである

・・・ふと横を見ると

行きたそうな顔をして黙っている野良猫くん

※昔から『雪山、雪山!!!』うるさいくらいだったものね・・・(´;ω;`)

でも会員Mが雪山大っ嫌いって知っているので返答に窮している様子でした

その顔を見たら、

野良猫君のためにも

遂に雪山にチャレンジしなければならない時期が来たのか・・・

とストンと覚悟が決まり

会員M

いいよ、行こうか。
日程はいつにする?

死刑台に登る思いで言ってしまった会員Mなのでした

その場で、トントン拍子に日程が決まり

決行は3月20日(日)、伯耆大山へアタックをすることになりました

しかし、雪山装備を何も持っていない野良猫くん&会員Mは

1月末から雪山装備を南国鹿児島で探し回ることになるのです

南国鹿児島すから雪山装備は殆ど店頭に置いておらず

全て取り寄せしての購入になりました。(需要が無いのでしょうね^^;)

ちなみに今回の装備に掛かった費用は野良猫君¥170,400

莫大なクレジットを切った後の会員Mさん

会員Mが¥226,168かかりました

※会員Mは寒さに弱いため野良猫君より防寒装備にお金がかかっております

南国鹿児島での雪山訓練

決行日まで残り時間もほぼ無いまま

川野会長、指導の下

土山で

岩場を登る野良猫君

※鹿児島県に雪なんかあるわけないですからね

ピッケル&アイゼントレーニングを行いました

流石、過去に何度もアルプスや伯耆大山に行った

猛者(経験者)の言うことは違います

練習を行うことで会員Mの豆腐メンタルが

ゼリーメンタル位には柔軟性が生まれたかと思います(笑)

ちなみに・・・

伯耆大山とは

伯耆大山(ほうきだいせん・標高1729m)とは鳥取県にある中国地方の最高峰であり、その山容から郷土富士として伯耆富士や出雲富士とも呼ばれ日本百名山にも選定されている山である。

また西日本の中でも圧倒的な積雪量を誇り、日本海に面した独立峰であり、気象条件、地質地形条件が厳しく、

特に冬季は寒気の吹き出しの影響を日本で最初に受けるので、標高に似合わず、※遭難事故が多い。

中国地方の他の山々とは全く異質の山であることを銘記したい。

※私たちが行く2週間位前にも遭難事故があって1名の方が亡くなりました。

そんなハードな油断は決して出来ない山なので、

今回のチャレンジが単なるノーマルルートであっても会員Mの不安は尽きないのでした

雪山の恐ろしいところは、

ノーマルルートであっても簡単に死亡事故に繋がることが起こりうる可能性を秘めていることです

そこで今回は体力に一番自信のない&雪山超初心者の会員Mが

コース&タイムを設定することにしました

雪山では一番ペースがゆっくりの人に合わせて登るのがセオリーだからです

今回の山行は、

夏山登山口を朝6時30分スタートし、下山は六合目小屋から行者谷へ下るルートを選定しました

夏山登山の場合はこのコースで通常6時間位が標準タイムになりますので

雪山登山ということを加味して休憩含めて約9時30分の行程で組みました

これくらいのペースなら途中でバテることも、汗をかかずに登れるので寒さ対策にもなるでしょう!

いざ伯耆大山へ!

鹿児島からはACKのメンバーナベさん&野良猫君&会員Mの3名が参戦

以前、三俣山で知り合いになった山ガールが

急遽この山行に参加したいと表明があったため、野良猫君と協議し一緒に登ることになりました

一瞬、星さんに昔から言われていることが頭をよぎりました

星さん


『知らない人とは初見で一緒に登らない。
これだけは絶対よ。』

・・・まぁ、知らない人じゃないし

星さんの教えには該当しないよね?と微かな引っ掛かりに蓋をしてしまいました

その選択が、自分の首を絞めることになるとも知らずに…

伯耆大山1合目

今回の山行は最初から最後まで

星さんに言われたことが頭の中をグルグル回りながら登ることになってしまいました

星さん

だから、言ったでしょう?

・・・もはや、星さんの幻聴が聞こえてきます

『はい、はい、はい、はーい!!!!』全部私の自業自得なんですうぅぅぅぅぅ(´;ω;`)

心もガスガス

初めての伯耆大山はガスガス天気で登りはほぼ景観も見れず

会員Mの心もガスガス・・・

でも、自業自得なのでひたすらに我慢。

二度とこのを繰り返すまいと誓ったのでした

力尽きた会員M

野良猫君のブログに続く・・・・・to be continued・・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日々の仕事や婚活に疲れ、日頃のストレスを癒すべく、一人で山に登っていた山ガール。しかし一人で山に登ることに限界を感じ、山の技術を学ぶべく当山岳会に入会。そして気づいたら結婚してました♡
山婚活万歳!!!

目次