会員に興味ある方は『入会と会費は?』を読んで下さい)(⋈◍>◡<◍)✧

2年ぶりの磯間嶽~体験山行~

目次

磯間嶽にて体験山行

コロナ禍で体験山行が中々出来ず、モヤモヤした日々が続きいていましたが・・・・

感染者も減少傾向にあり、

いまだぁぁああああ!( ゚Д゚)

といつ感じで2年ぶりの体験山行を開催してみました💦

セレクトした山は、ここ数年登っていなかった『磯間嶽』です。

メンバーは今が旬の屈強な!若手会員が参加して頂く事となりました。

会員計6名、体験山行者3名です。年齢的にも34歳~52歳と元気いっぱいの方々です。

磯間嶽はフリー(登山装備)で登れる山ですが、今回は初心者も居る為、万が一を考え

ATCガイドやハーネス・ヘルメット・カラビナ・ロープ、スリングなどを持って行くこととしました(怪我したら大変ですからね!!)

コースは岩稜コースを選択。

そして今回はハーネスも持ってきている事ですし、すべて直登ルートで行きましょう!!という事に。

早速ハーネスの装着方法を体験山行者へ説明しながら準備します。

磯間嶽の洗礼

登山口へ着き、ゆっくりと登ります。しばらく登ると

久々の岩場です。

そして、岩!岩!岩!と岩場の嵐です!

↑上部で補助して頂いているナベさん

岩場をいっぱい楽しんだら、今度は森です!

(岩稜コースは森少な目です(笑))※イメージ

岩場の違和感

早々と進んでいると、磯間嶽山頂がよく見える岩場へ到着。

んん?と気になり、まじまじと見てみると・・・・。

以前は無かった気がするのですが・・・・。岩場が何かで削られたような跡がありました。

ドリルで何かを付けた?跡なのか?除去した跡なのかはわかりませんが、折角の自然の景観が・・・^^;

当山岳会も整備等で山に道迷いの為の道標を設置したりしますが・・・・。これは一体なんの跡なのでしょうか? 道迷いプレートでも設置したのかな?^^;

※後日下山後、調べたら石碑が設置されていたそうです。YMAPよりの情報

気を取り直し、進みます。

危険個所??

そして今回の核心(ハーネスを必要とする個所)へ到着!

ここは以前、会員Mさんが上から降りようとして足を踏み外し、お尻に大きい青あざを付けた場所です。

そしてここを越えると、磯間嶽最大の難所(10mの降下)が待っています。

上部で休憩をしながら、磯間嶽山頂を眺めます。

目指すはあそこだ!!と声が聞こえてきそうですね!

終了点(支点)のボルトが緩んでいたので、締直しをしました。

そして、2つある支点にロープが別々に設置されていた為、持っていたスリングとカラビナで補強をしてきました。

この支点は旧鹿児島山岳会が設置したものらしく、当山岳会が手を付けて良いのか悩みます。

ですが、無くなった会の整備をほっとくわけにもいかないので、簡易的な応急処置をしました。

落下方向に対して支点が90°で設置されているので下の支点に力がかかっていない状態です。

もう一つ支点を真横に設置し、補強する事で支点が崩壊して滑落する恐れは軽減されると思います。

滑落事故

懸垂下降を行う前に、一つ報告をします。

以前、ここをハーネス・所持ロープを利用した懸垂下降では無く

残置ロープを頼りに下り、足を滑らせ、滑落してケガをされた方が居たそうです。

残置ロープに頼らない降り方をするのは勿論ですが、ロープだけを使っての降下は握力もそこそこ

必要です。自分のレベルに合った形で判断し下る事をすすめます。

また、怪我をした時に

一人では、救える命も救えません!!

1人で登る登山より、複数で登る事すすめます。

※後日、この下降箇所前の岩場へ注意書きをした道標を設置してはどうか??との意見があり

時間をみて設置していこうと思っております。

無事に懸垂下降で下り、山頂を目指します。

2年ぶりの山頂

ここまでくれば山頂はもうすぐです。

山頂真下に木で出来たベンチがありました。

ここまで登ってきた疲れを癒す最高のベンチです(笑)

遠慮なく利用させて頂きました。

ただ、気になるのは・・・・・

そう。

後ろの道標(笑)

今度、川野会長に新しい道標を下さい!!と懇願してきます(笑)

次回設置出来たらと思います♪

さて、

山頂の急勾配をビレイしながら登ります。

そして山頂へ到着。

この道標もそろそろ古くなってきており・・・・いずれ腐敗してしまいそうですね。

山頂でばっちりと記念写真を撮り、帰路に着きます。

終わりに。

色々あった今回の体験山行ですが、結果的には体験山行者の2名が新たに加入していただく事となりました。

ありがとうございます。

まだまだ色んな山に!沢に!岩に!!と楽しんでいきましょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

登山を始めて間もないですが、山の魅力に取りつかれた人物(HP管理人)
素人ながら、ブログ製作に必死に奮闘中。趣味活、おススメですよ('Д')
登山での出会いもおススメしてます('ω')
会長曰く、『山で出会って結婚した人は別れない』そうです。
※死別除く ※出会い系登山サークルは除く

目次