会員に興味ある方は『入会と会費は?』を読んで下さい)(⋈◍>◡<◍)✧

市房山の山頂目指して

山好きの皆様、おはようございます。

去年行った市房山の記事を上げていなかった事に、昨日気付いた私。
手遅れ感が否めない(-“-)
これはイケナイ!と思い、PCとにらめっこする事に。(‘Д’)
年を取ってくると物忘れが酷くて困ります。(これから多くなっていくんだろうな・・・・)

 

目次

市房山とは

九州山地の南部にある山で標高は1,720.8m(Wikipedia調べ)
熊本県と宮崎県をまたがるように稜線が出来ています。
4月下旬~5月上旬にかけてアケボノツツジが見頃となり、
10月中旬~11月上旬に紅葉が見頃となるそうです。

年中登山は可能なんですが、12月~1月は積雪になる事もあり、アイゼンが必要になる事もあります。実は私、市房山には数回いっておりまして・・・・
個人的にも大好きな山です。

 

山行報告

登山口は何カ所かあるんですが、私が薩摩川内市に住んでることもあり、
いつも決まって人吉側にある
市房山キャンプ場に車を停めて向かいます。

山に登る時って、置いている車を狙って

車上荒らしも多いって聞くので、キャンプ場なら安全ですよね(^^♪
登山口は、少し市房山側に進むと、鳥居があります。

登山届の必要性

 

登山者記録箱?もあるので、登山届を出せる方は出していきましょう。
山岳会に所属している方は、山岳会の責任者に『山行計画書』を出していきます。
もしも?が大事につながる事だってありますもんね(-“-)

どんな低山でも山行計画書を出さないで登るような会は山岳会ではありません。(-“-)
登山者が怪我をして動けなくなった際に、迅速に動けるのも山岳会の会員ならでは!だと思っています。
ソロでの山行ならなおさらです(‘◇’)ゞ

大きな千年杉

途中に市房神社という神社があるのですが、その道中にこの山の魅力があります。

それは、

千年杉

と言う大きな杉の木です。木の端まで手が回りません💦

幹回りいくらでしょうか・・・・・・・(‘Д’)

6m54cm(‘Д’)

でも大きさは14位!

 

1位は一体いくらなのでしょう・・・・・。
想像が出来ないですね。

そんな巨大な杉の木が多々あります。
市房神社までなら登山靴も要らないで行けると思います。
観光にも良いと思いますので、大きな千年杉を見たい方は是非行ってみて下さい(^^♪

 

 

市房神社

少し進むと、立派な鳥居が出てきました。

そして至る所に『ケルン』がいっぱい。笑

山の中に神社があるって神秘的ですよね。

 

 

 

日本遺産の旗がありますね(^^♪
尚、ここから本格的な登山道の始まりです。
ここまでの歩行で疲れた方は、気合を入れ直しましょう!

険しい登山道

登山道は4~6合目が木の根や岩が多く急坂も多々あります。
丁度、神社の裏から登るようになっています。
ここから4合目です。(‘Д’)

 

 

 

 

登山道は千年杉の山だけあって、倒木も巨大です(笑)

人が小さく見えますね。(まだ当山岳会に入っていない頃の会員Jさん)

木の根や岩場ばかりで進むのに時間が掛かります💦

 

6合目から7合目までは比較的穏やかな道になっていきます。

7合目を過ぎて座り込む会員Jさん

初々しい姿です(笑)

8合目まで行くと、爽やかな景観を見る事が出来ます。

綺麗ですね(^^♪

以前私が3月に登った時は、7合目付近でも雪に塗れていました。

凍っている所もありましたので、アイゼンの必要性も感じました。

やはり、準備は必要です。

こういうのが、色々な経験となって、登山の面白みが出てくるんだと思います。

 

山頂まであと少し!

8合目を過ぎると、尾根に出て稜線歩きが出来るようになります。
ここまで来れば、後はゆっくりと景色を眺めながら山頂を目指します。

運が良いと、雲海も見る事が出来ますよ(^^♪
私は、2018年に登った際に見事、雲海を見る事が出来ました。
迫ってくる雲はとても綺麗で今でも脳裏に焼き付いています。

 

雲海を楽しんだ後は、力を振り絞って山頂を目指します。

3月に行ったときは周りの木々に緑が全くありませんでしたが、

 

 

 

 

 

8月は緑に囲まれています。

 

 

 

 

 

 

 

山頂でゆっくりと休憩した後、山頂から3分ぐらい進むと心見の橋と言う岩に着きます。

心が正しくない人が渡ると橋が落ちるといわれている橋(岩)です。

相方の会員Jさんが怖くて渡れないといっていたので、今回はその横で写真を撮りました。

次回は高所恐怖症を直して、一緒に行きましょう(笑)

 

因みに、山頂でGPSを使い、高度を計ってみました。

改めて高いと感じます。(‘Д’)

 

やはり山の景色は絶景ですね!

清々しい気持ちになれますし、また違う山にも登って見よう!って気になれます(^^♪

記念写真を撮り、下山します。

下山ルートは来た道をそのまま戻るルートです。

 

 

 

会員Jさん、お疲れ様でした。

疲れた後の温泉をコーヒー牛乳は格別ですよね♡

私は牛乳派ですが(‘Д’)

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

登山を始めて間もないですが、山の魅力に取りつかれた人物(HP管理人)
素人ながら、ブログ製作に必死に奮闘中。趣味活、おススメですよ('Д')
登山での出会いもおススメしてます('ω')
会長曰く、『山で出会って結婚した人は別れない』そうです。
※死別除く ※出会い系登山サークルは除く

目次
閉じる