沢登りphoto更新しました~♪ (7/8日)

下山岳(さがやまだけ)

山の知識・情報

おはようございます!

会員Jです。

本日は、昨年11月に登った下山岳の話をしたいと思います。

下山岳

下山岳は薩摩半島南西にあるカツオの町として知られる枕崎市と、お茶とサツマイモの生産量日本一の南九州市との境にある標高416mの山である。古くは鉱山の神として蔵王権現が祀られ、集落にある今嶽神社も、明治までは下山蔵王権現といい、祀っていたといわれる。

私が入会前に体験山行でK会長・会員Hさんと登った山です。

下山岳第二登山口から山頂へ、そこから虚空蔵ヶ岳までの縦走コースを予定しておりましたが…

マイナーな登山道だったせいか、見事に草木で生い茂っており登山どころじゃない状況に…

そこでK会長がナタを取り出して…えっ^^;;?

私はノコギリを手渡されて登山道整備が始まりました笑

このような状況は初めてで、ある意味新鮮な感じを受けました。

作業は中間地点にあたる大岩展望台でなんとか終わりそこから登山を再開^^

大岩展望台からロープがある岩場を進むと8m程の高さのある福禄寿岩に出くわします。岩の形が福禄寿の頭の形に似ている事から名付けられたそうです。

そこからさらに緩やかな稜線を進むと山頂に着きます。

山頂では前方に大隣岳、後方に開聞岳と矢筈岳を望むことができ、緑が美しい茶畑も望めます。(撮り方が下手なせいか観づらくてすみません…)

この時は整備に時間をかけてしまった為、下山岳山頂までしかいけなかったですが虚空蔵ヶ岳の山頂には巨大な岩でできた天然橋があるみたいなので、次は天然橋目指して登りたいと思います(^^)!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました