登山photo更新しました~♪ (11/5日)

当山岳会について(体験参加者向け)

山の知識・情報

先日の体験山行、多くのご参加ありがとうございます!
その中で、体験参加者より貴重な意見を頂いたので質問・回答として残しておきます。

questions and answers

 

体験山行に参加すると入会になるの?

体験山行参加=入会ではありません。

また、こちらから強制的に入会を勧めることはありません。
勝手に入会は参加者の同意を得ていませんので絶対にする事はありません。

 

どうすれば入会になるの?

体験山行、もしくは月の定例会にお越し頂き、会の雰囲気や方向性を知っていただく事が
条件となります。

入会の際は川野会長より入会案内書をお送りしております。
記入し、返信頂く事で入会となります。

 

体験山行はいつ開催されるんですか?

以前は、月に1回のペースで行っておりましたが、最近では、ありがたいことに
会員もかなり増えました。
現在は、希望者よりメールや問い合わせを頂く事で開催しています。

山に興味を持たれた方がいましたら、問い合わせ下さい。
出来る限りご希望の山を体験山行として行います。

お問い合わせ
お問い合わせの前に 『靴は何がいいの?』 『何を着ていけばいいんだろう?』 『装備は何が必要なの?』 『何を用意...

入会費・年会費はありますか?

入会費はありません。

年会費はあります。(月200円・年間2400円)

4月の初年度に一括にて頂いております。
※但し、途中入会の方はその月より分割で頂いております。

 

年齢層がわからなくて、不安です。

当山岳会では、20代~70代の元気な方々が多数所属しております。

年齢が離れていても、意外に会話はいっぱいありますよ。
特に60代~70代の方の山話は朝まで聞いても飽きることが無いぐらい面白い話がいっぱいです。

コミュニケーション能力が無くても、自然と話しをするようになっていきますよ(^^♪

 

登山道でのペースが合わないかもしれません。

当山岳会の体験山行や会山行など、登山ペースはかなり遅いほうです。

常人であれば3時間かかる所を4時間~5時間かかっていく事もあります。
仮にペースが合わない場合、置いていく事は絶対にありえませんのでご安心ください。
※ペースの早い方は歩調を合わせて頂ければと思います。

 

登山って出会いがあるんですか?

あると思います。※管理人も登山で結婚しました。

登山での出会いは趣味が同じという事もあり、山で皆でテント泊する事もあり、

色々な事を語る時間も十分にあります。相手の素の状態を知るのも登山の良さです。

現に登山で結婚した夫婦は別れる事は無いそうです。※会長談

但し!出会い目的での登山は全くの別物です!
本当に登山が好きな方なら、自然と出会うものです。

また趣味で仲良くなり、友達も自然と増えます。

 

違う山岳会・サークルに所属していますが入会できるんですか?

基本的には入会は出来ます。※なぜ当山岳会に入りたいのか聞く事はあるかもしれません。

但し、内部の個人情報を流出するような行為は禁止しております。こちらからも伺いません。

 

入会せずに会員で行っている山行に参加出来ますか?

基本的にはお断りしております。

会山行で行く山は初心者レベルから、上級者レベルまであります。

仮に経験者でも、本人のレベルを見てからの判断となります。

 

体験山行に行く手段(車)がありません。

乗り合わせで山に向かう事が多いので、
当日は、近くの駅・もしくは指定の場所まで迎えに行きます。
※ガソリン代・相乗り代・費用は頂いておりません。

 

体験山行の人数って何人ぐらいで登るんですか?

時期にもよりますが、会員と初参加者を合わせて

大体10人~20人です。

 

登山の並び順番などはありますか?

登山コースでの、誰が一番目、誰が二番目といった順番はありません。

それぞれ会話と景色を楽しみながら登頂されてください。

※ペースが速いと、途中で後方の方を待つときもあります。

 

登山道での別行動はしても良いですか?

怪我や遭難のリスクがある為、別行動はお断りしております。

 

今後は一人で登っても大丈夫ですよね?

基本的に一人での登山はおススメしておりません。

万が一に怪我をした場合は誰も助けてはくれませんし、遭難した場合の対処もできません。
※登山道がしっかりと整備された、韓国岳で遭難された女性の方もいます。
遭難しないことが最もですが、
コンパスやGPSの使い方を学び、遭難しても対処出来る装備・技術を身に着けることが先です。

 

終わりに。

山というものは地域の方や山岳会・その他皆さんのおかげで登る事が出来ます。
いつも綺麗な山は、誰かが整備をしているものです。

例えば、古くなった道標の立て直しや、誤って転ばないように設置されたロープ、
登山道の目印となるテープ、山頂まで補助の為にある鎖やロープなど。
綺麗な登山道は地元の方やガイドの方などの努力の結晶です。

登山は自分だけ登っているわけではありません。他の人も登っています。
その中で、ロープに救われた人、鎖で助かった人、道標に助けられた人もおります。

山の所有が国有地ではない場所も多々あります。(お寺や個人の所有)

誰かが登れるように交渉し整備をして登山する許可を頂いている山もあります。

山に興味を持ったのなら、まずはその山はどうやって開拓したのか歴史を知るのも
山登りの醍醐味だと思っております。※意外と皆さん知らない事なんですよ(^^♪

登るだけ・技術を高める事だけが山登りでは無いと思っています。

 

その他質問など御座いましたら、問い合わせよりご連絡下さい(^^♪

お問い合わせ
お問い合わせの前に 『靴は何がいいの?』 『何を着ていけばいいんだろう?』 『装備は何が必要なの?』 『何を用意...

 

 

投稿者
この記事を書いた人
野良猫さん

登山を始めて間もないですが、山の魅力に取りつかれた人物(HP管理人)
素人ながら、ブログ製作に必死に奮闘中。趣味活、おススメですよ('Д')
登山での出会いもおススメしてます('ω')

アルパインクラブ鹿児島のSNSをフォローする
山の知識・情報
アルパインクラブ鹿児島のSNSをフォローする
アルパインクラブ鹿児島
タイトルとURLをコピーしました