会員に興味ある方は『入会と会費は?』を読んで下さい)(⋈◍>◡<◍)✧

甫与志沢 沢登り(大雨の日)

目次

甫与志岳・甫与志沢

本日8/31日は個人山行として肝付町にある、甫与志岳・甫与志沢に行ってきました。

メンバーは私、野良ネコとマサさん(計2名)
急遽行く事になった為、準備がちょっとバタバタしてしまいました(💦
私個人でのロープ(ザイル)は持っていないので、当クラブより借りてきました(Sさん、夜遅くすみません)

いざ!出発です。( ゚Д゚)

目的地へ進んでいると・・・・

大雨にて、道路が土砂で崩れてしまったようで・・・4㌧以上は通行止めのようです。(普通車は大丈夫でしたので安心♪

入渓地点では駐車場が1台止めれる程度と聞き、心配でしたが、なぜか3~4台止められるスペースがありました(ありがたい)

準備をすまし、入渓です♪

車を駐車した近くにガードレールがあるので、そこから入渓します。
入口はちょっと急斜面でしたので・・気を付けて降りると・・・・・沢に出ました。( ゚Д゚)

今日の外気温は22度!
水の温度は・・・・・?

うん。冷たいです(涙

すぐになれると思うので、サクサク進みます。
当クラブの会長が執筆しています本『鹿児島の沢登り』(181ページ)の情報によりますと、この『甫与志沢』は滝の登攀の連続ですべての滝が直登できるという事で
楽しみでし方ありません。

早速、小滝がいっぱい出てきます。


かろやかに?笑 直登します。

このぐらいだと、まだロープは無くても大丈夫だと思います。(個人主観

うちの相方(重戦車)も軽やかに直登します。

と、ここで大雨が降りだします(涙
雨があまりに酷いと、登攀中に滑落し、怪我や最悪は死に至る事もあるので、様子を見ながら進みます。

ちょっと進むと、流れが急になってきている滝に出ました。

この滝も越えていきます。滝が好きな方には楽しい沢だと思います。^^

ここで事件が・・・・!
この滝を直登したあと上を見上げると・・・・・!

なんと!40メートルほど連なった大滝が見えてきたではありませんか!!
雨も強くなり、登攀するか、しばらく悩みました(涙
5分程、マサさんと話をし、滝の流れも強くなってきそうなので、高巻きをしようか判断します。
高巻きをする場所を探していると、、、雨が少し止んできました。これはちょっと待てば、行けるかもしれないと思い、少々待ちます。
ロープを抱え、いざ向かいます。

流れの無い、岩場の方を進みます。

登攀していると、この岩場、崩落気味で、掴む岩や足場の岩が、簡単にもげてしまいます(涙
めちゃめちゃ怖いです(涙
登るより降りる事が難しい沢登り。 かなり慎重に登ります。
途中まで進み足場があったので、そこで待機し、マサさんを待ちます。

30メートル下は水場も無い岩場なので、滑落すると、大けがでは済まないかもしれません。
慎重に登ってくるように話をし、必要ならロープを投げる判断に。

会員Jさんが同じ足場まで登り切った所で、上を見上げます。(危ないので結局ロープ投げました)

うん。激しい(涙
あと30メートルくらいかな?でも、登らないと帰れません。
崩落しやすい岩場に注意しながら、滝の中を進みます。

後で、調べたら、ココのポイントは滝側ではなく、横の岩場のほうが登りやすいようです。
ただ、万が一に滑落した場合、岩場の方だと、一番下(30メートル)まで落ちます。
滝川の方は、落ちても6メートル程度。(足場まで)

滑落にビビッて、難しい方を選んでしまった私。
当然のように、中々上手く登れません(掴んだ岩も崩落するし・・・・

ちょっと本気で泣きそうになりました(笑

どうにか!!時間をかけて登り、最後の難関に向かいます。

足場がしっかりした所に付き、トラバースでいわばの方へ、移動します。

またここも、岩が脆く、不安定です。

かなり慎重に登ります。

なんとか、大滝の上に出ようを、最後の力を振り絞りました。
連続して、ホールドしていると、握力がかなり弱くなってくるのがわかります。
3分程、大滝の入口で休憩をし、一気に登り切りました。

なんとか大滝の上に出る事が出来ました。
支点を取り、自己ビレイも行います。
大滝を上から見下ろすと、『ぞっと』しました。( ;∀;)
もし途中で、滑って落ちていたら、大けがでは済まないなぁ・・・と改めて思います(涙
下にいる会員Jさんに合図を出し、ロープで引き揚げます。(重い)
あくまでも、会員Jさんの力で登ってもらうので、不安はありませんが、もし!会員Jさんが滑落しても大丈夫なようにATCガイドを使い、サポートします。
なんとか上がってきたマサさん。

一言めが『ロープ無かったら2回死んでました』( ゚Д゚)

おい!!(涙

気を取り直しつつ、休憩を挟みながら進みます。
3メートルのチョックストーンを抜け

甫与志沢、最後の滝が見えてきました。
今の体力で登れるか会員Jさんと話をしながら、
ここは『鹿児島の沢登り』の本に頼ります。(体力が限界近い二人)

どうやら、川野さんによると、滝の左側を直登したようで、気力を振り絞り
登ります。

きつい・・・・。
ここはどう登るんだろう?滑りやすそうで怖いです。

岩場に張り付きながら直登しました。(もちろんマサさんもロープで回収しました)

おおよそのイベントを終え、あとは『甫与志岳山頂』に向かいます。
岩場で疲れ切っている野良ネコさんです。

稜線を目指しひたすら歩きます。沢で足の筋肉をかなり使ったせいか、非常に足が重たいです。
ようやく登山道に入り、山頂を目指します。

途中で登山靴に履き替えた私。うん。歩きやすいです。笑

30分ぐらい経過し、山頂に着きました。
まずはお決まりの記念撮影です。

会員Jさん満面の笑みでしたが、ちょっと気持ち悪かったんでペイントで消します(おい!

山頂ちょうど、雨が上がったこともあり、
霧が雲海のようにきれいに見えました。

とても幻想的で桜島も一段と綺麗に見えます。

頑張ったご褒美だったのかはわかりませんが、マサさんとふたりで暫く見とれていました。

遡行開始が9:00でしたので、山頂には13:00。
今日は早めに降りようと、言う事で、軽食を済まし、下山します。

結構、急な坂が多く、甫与志岳も山登りとして登ると大変そうですね。

姫門コースを降り、
登山口へ出ることが出来ました。(40分程度)

あとは林道を突き進むのみです!

帰りに温泉に入りゆっくりと過ごしました。

今回、沢登り。
レベルで言うと、 初級・中級コースの沢だったようです。
沢登りは、大雨などで難易度が激変します。
今回は大雨の中、何とか登れたので良かったのですが、場合によっては、引き返す勇気も必要という事を肌で感じました。
一歩間違えると、大けがを起こしかねない、遊びでもあります。
もう一度、ちゃんとした技術を諸先輩方に学ぶべき!と改めて思いました。

アルパインクラブ鹿児島の沢登りシーズンもあとわずかです。
来週の9/8日の沢登りがおそらく今季最後の沢登りとなる事でしょう。
沢登りをされる、鹿児島の皆様にとって後悔の無い、夏になってくれればと思います。

※動画は時間が空いた時に更新しますね!(更新しました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

登山を始めて間もないですが、山の魅力に取りつかれた人物(HP管理人)
素人ながら、ブログ製作に必死に奮闘中。趣味活、おススメですよ('Д')
登山での出会いもおススメしてます('ω')
会長曰く、『山で出会って結婚した人は別れない』そうです。
※死別除く ※出会い系登山サークルは除く

目次