登山photo更新しました~♪ (1/15日)

あれ、厄年だったかな。

他、趣味

またまたお久しぶりの会員Mです^^;

今年のお天気は変ですね
急に雨になったり、変な時期に台風が直撃したり

当会でも企画した山行が何個か潰れております(泣)

そして個人的にも、久々にふたりで野良猫君と山登りに行こうかっ♪と
企画して、無残にも雨で流れました(泣)
※かわりにスポッチャで早朝6時から2人で遊んだけど(笑)

 

 

 

 

・・・そして気づいたら、会員Mね

先月1回も山登って無いんですよ・・・(泣)
どおりで最近、膝が痛いわけだ・・・(太りすぎです 泣)

今月は久々の泊りがけ山行もあるというのに、ダメダメM子と化してます

でもね、会員M自身も最近、体調が変です
8月に風邪をひいてから

まだ、治ってなくて(もう2か月だよ)

さすがに、肺炎を疑って病院2件行きました!

そしたら、肺炎ではなく、本当に『普通の風邪』だって。。。
普通の風邪だけど
『まれに薬が効かなくてずっーと治らない人がいるんだよねぇ』との先生のお言葉

そのうえ、体には謎の発疹が体に大量に出るようになり(朝には消える)

ちょうどゴム製品の接触しているところに出るもんだから

もしかして、ラテックスアレルギー?!(ゴムアレルギー)

と恐怖を感じ
※もしラテックスアレルギーだったら山登りは怖すぎて出来ません(生死に関わりますから 汗)

先日病院に行ったら『機械性じんましんです』だって

え?何それ?

美味しいの?

※因みに、じんましんとは
たいてい食べたものによって引き金が引かれ、虫さされのような斑点や、
それらが融合して地図状に拡大して、とても痒くなります。
一旦、じんましんが発症すると、元々の刺激とは別の刺激、例えば温度や圧迫などの機械的刺激にも反応して
じんましんが出現するようになることがあります(機械性じんましん)

一般的には、抗ヒスタミン剤を内服して、人工的にじんましんが出ないようにして、身体に忘れてもらうという治療をします
大抵はじんましんを誘発するような刺激を与えなければ、抗ヒスタミン剤を飲むことにより、速やかにおさまります
しかし、治療開始までに時間がかかったり、治療が不十分で、じんましんを充分に抑えられない状態が長く続くと、慢性じんましんに移行してしまいます
慢性化してしまうと、刺激によって容易にじんましんが起こるようになります

・・・という病気なんですが、じんましんはね、殆どが原因不明なんです(泣)
原因物質を探すより、いかに初期に抑え込むかが有効な治療方法なんです

先生にも、来るのが遅かったら慢性化してたから、早めに来てよかったねと言われました

もし、慢性化してたら治療がめちゃくちゃ厄介になるそうな

でもね、実は会員Mは極力病院に行きたくないので行くのを渋ってたけど、野良猫君が行ってと言うので行ったのでした(汗)
野良猫君、ありがとうね♪

そんなこんなで現在、会員Mは風邪薬と合わせて1回7種類の薬飲んでます^^;
今年は厄年じゃないのに、体調不良が続いております・・・

もう無理はできない年齢なのですね(*´Д`)

因みに甥っ子は、もうインフルエンザに感染しましたとさ

さしみちゃんの声が聞こえてきますね

「何、やってんの?」ってね

しっかり治して、山行に行かないとですね♪

※ちなみにわさびくんは会員Mが居なくても幸せそうでちょっとジェラシー

★★★★★この記事を書いた人★★★★★
会員Mさん

日々の仕事や婚活に疲れ、日頃のストレスを癒すべく、一人で山に登っていた山ガール。しかし一人で山に登ることに限界を感じ、山の技術を学ぶべく当山岳会に入会。そして気づいたら結婚してました♡
山婚活万歳!!!

他、趣味
アルパインクラブ鹿児島
タイトルとURLをコピーしました